眠い頭で直感的に書いてみた文章

日常ってプチ偶然が積み重なって出来ているよなあ、って。 しかも、その偶然に出会うには、その前にあった偶然を経ていなければ起き得なかったりと、単発で起きてるんじゃなくて なんだか全部が繋がっているかのような「流れ」の存在を感じることが、いろんな場面であるよなあ。

一つ目の偶然がなければ、二つ目の偶然に出会うチケットはもらえず、そうしなければ3つ目のチケットすらもらえない…、ということはその最初のチャンスを手に入れる必要があったりするわけで。

更に思うのは、そのチャンスに巡り合うには、なんだかよくわからないけれど「波長」か「波動」みたいなものがあるっぽい。(別に宗教的な意味ではないです、感覚的な意味。) やっぱり、自分がある一定のテンションの高さになっている時期ほど、「普通、ありえなくね?」と思うような偶然のチャンスにめぐりあっている気がする。

んでもって、その「チャンス」に出会っても自分がそれに気づかなければ意味が無く、見逃さないためには常に「アンテナ」と「判断力」と「行動力」(最後が一番重要か)が揃ってビンビンになっていなければいけないという結論になり。

なんだか気負ってばかりの生き方に思えてくるけど、そんな緊張感も楽しめるようになれば最強だよなあ。

と、最近徹夜続きの頭で考えてみた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です