不在者投票 行ってきた

悔しい。非常に不満だ。納得できとらん。

週末は予定があり投票ができないので、今日の昼休憩の時間を割いて近所の区役所にて不在者投票をしてきました。

数日前から候補者を吟味して、誰に投票するかは既に決めてから投票に臨んだものの、不満だ…

まず第一に「この人に投票しよう!」と思えるような候補者が一人もいなかったこと。できることならば、
投票したい候補者から泣く泣く誰かを一人選ぶ、ってことで迷いたかった。。

しょうがないから消去法で候補者を絞ってみた。
まず基本的に某党は最初に消去、ありえない。ついでに、根本的に支持していない某党と某党を消去。その勢いで「生活がナンタラ」
と言いつつ党首がコワモテの某党も消去。

そうなってくると残りはとても貧相な駒となる。イロモノ系はまず消去、政治はとても任せられない。それと電波を発していそうな系統も消去。

…気づいたら候補者リストから人がいなくなってた。。。orz

===
仕切りなおしに、今度は政党無関係で候補者個人だけを見て候補者を絞ることに。
イロモノ消去、電波消去、何言ってるかわからん奴 消去。
あとはマニフェストを読み比べて、まともで現実的なことをいってる人をピックアップ。

その結果、なんとか一人に絞り込むことができた。 所属政党は、某与党じゃなかったのでまあこの際はよしとする。
基本的に、政治について何かしら経験がある人・党にしか投票してません。(比例は案外すんなり決まった)

====

投票を終えて、「やっぱ、後ろ向きな選挙だよなあorz」と落ち込んで帰りましたとさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です