8月6日 8:15 黙祷

広島人ゆえか、8月6日は朝から特別な気分になる日なんですよ。

世界平和は普段から願っているのだけれど、正直なところ本当に100%平和のことだけを考える時間なんて、 一年に一度の今日の1分間だけかもしれない。

8:15には襟を正して、広島の方角に向かって黙祷を捧げました。

何故
依然として戦争が減らないのか。
何故
依然として世界中に無意味な恐怖と緊張感が張りつめているのか。

そうやって静かに、自分の中に閉じ込めていた気持ちと真正面に向き合っていると、 なぜこの日の一分間しか本気で考えられないか分かった気がする。
それは、自分のあまりの無力さを痛感して涙が出そうになるから。

どんなに崇高な理想を掲げたって、実現するための一歩が踏み出せないのであれば、それは単なる自己満足の世界なのですよ。
あぁ、悔しいなあ。

「8月6日 8:15 黙祷」への1件のフィードバック

  1. 『過ちは繰返しませぬから』

    今日、8月6日は広島人にとって感慨深くなる日。いつもはチャランポランな自分でも、平和について多少なりとも真剣に考える一日。眠れなくてこんな時間まで起き続けてしまった。(ウソ。一応、仕事しながら考えてた。) かといって、あまりマジメに日記に書いてしまうのもどうかと思ったのだけど、平和について今も思い……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です