Amazon_co_jp:_希望格差社会―「負け組」の絶望感が日本を引き裂く__ちくま文庫___山田_昌弘__本

希望格差社会―「負け組」の絶望感が日本を引き裂く

近頃、日本社会ではいろんな問題が起きていて、たまに「社会的地位|所得格差の格差が拡大」したことが原因であるかのような風潮が見られる。けれど、すっごく違和感があった。
彼らが指摘してる格差ってのは結果もしくは過程の事象だと思っていて、もっと根本の原因として国民それぞれの間にあるやる気・希望に格差が発生してることが原因なんじゃないかと。

それがふと気になってTwitterで『所得・社会的地位の格差が問題視されてるけど、本当なら「やる気・希望の格差」の方が問題なんじゃまいか?』と書き込んだところ、藤野さん@fu4からのリプライで『山田さんの名作「希望格差社会」というのがありましたね。』というまさにこれ!な情報を頂いたので、さっそく入手して読んでみたのでその読書メモ。(あ、区の図書館で借りました。無料だし、ネットで予約して最早次の日に手に入るので便利だし…)

Amazon_co_jp:_希望格差社会―「負け組」の絶望感が日本を引き裂く__ちくま文庫___山田_昌弘__本

———————————
まず全体的な感想は、「読み終わるころには希望がなくなってるぞ、これ…」という感じ。
本書の内容は、現代の不安定な日本社会におけるリスクと特徴について筆者の解説があり、それから日本社会の二極化・格差についてその特徴などが提起、比較のために戦後の高度成長期社会における安定していた頃の社会の様子を描いておきながら、その後は章ごとにズトン・ズトン・ズドンと現代の職業・家庭・教育のそれぞれの不安定さ加減について重た〜〜〜く述べておいて、最後には現代社会における「希望の喪失、若者の意識、リスクからの逃走」などというトドメとも言える重たいことを述べることで読者は「もうやめて!読者のライフはもうゼロよ!」とグッタリ…

———————————
まぁ、読んでて思ったことは、たしかに国民の間で生活や地位だけに限らず色んな機会が均等ではなく激しい片寄りも存在してる。けれど、

  • そもそもまず全てが均等である社会なんて有り得ない、格差は存在するもの。
  • すごくネガティブなことばかり取り上げてるけど、他方では希望が持てることだってあるでしょ?

という思いは読んでいる最中も常に頭の片隅には在って、前者は、「格差だ!格差だ!」と騒ぎ立ててるけどそれって元々は格差があって当たり前の事じゃないの?というか、これまでの日本の社会が気持ち悪いくらいに均等であっただけで、実は世界的に見れば人それぞれに格差が発生して当然のこと。(⇒これまでと違って均等じゃないので、大変なことだと勘違いしている。)

で、後者については、これは本書に期待してた内容と異なっていた部分なんだけど、本書は過去の日本社会を振り返り、「今の日本は”当時と比べて”こんなにも格差が拡がったんだよ!」という主張ばかり、という後味

でも、当時と比べて違いがあるのは時代が移り変わってきているだけであって、には無かったけど今存在している新しい”希望”ってのが絶対にあるはずだし、みんなはむしろ古いものは順次捨てて新しい希望に乗り移るように生きていければ、そんなにネガティブなことばかりじゃないのになあ、と。(⇒なんでいつまでも古い「昔は良かった」的なことを求めるのだろう、と)

つまり自分が思いTweetした『「やる気・希望の格差」の方が問題なんじゃまいか?』という真意は言い換えると、「希望を探そうとする”やる気”、見つかると信じて”行動する”希望があれば、いつの時代だってハッピーになれるし、人をハッピーにできるはず!という想いを持った人が少なくなってきている」という事が問題なんじゃなかろうかという意味だと気付き。

と、根っからネアカで超が付くほどポジティブな性格の自分が言ってると「やれやれ…」とあきれられそうなのでこのへんで…

以下、気になったポイントの抜粋メモ。

————————————-

P.37 ”リスクとは何か”

リスクとはもともと”勇気を持って試みる”という意味であり、必ずしも悪い意味ではなく、”危険”とは異なる。「不確実性」は”将来予測がたたない状況”を表す。一方リスクは生起する危険の内容についてある程度計算が可能という意味を含んでいる。

p.68〜 ”3−2 格差の時代的変遷”
社会が近代化される以前、生活水準の格差は原則として、生まれた親の職業によって決まった。(中略)近代社会は、〜建前上は、生活水準の高さは、実力の反映であるという解釈ができあがる。
近代社会の格差の正当性は、この点、つまり、生活の格差は実力の差であるから「納得するべきである」というイデオロギーに依存している。

p.147 ”フリーターの不良債権化”
このままだと、昇進のない単純労働に従事し、仕事能力がつかないまま、いつか、夢は実現すると夢想して、年齢だけを重ねる元若者が大量に出現する。
夢に向かって努力すればその夢は必ず実現するというのは「ウソ」である。全ての人が希望通りの職に就けることは有り得ない。
「一生」大学教員になれない博士課程修了者は年に一万人ずつ。
「一生」上場企業のホワイトカラーや技術職につけない大学卒業者は多分、年に数万人ずつ。
「一生」中小企業の正社員にさえなれない高校卒業生は、年10万人ずつ増えていく。
これに呼応して、正社員と結婚するつもりだが、一生結婚できないフリーター女性は、年20万人以上発生していくのである。
フリーターは、バブル期に企業の作った不良債権に似ている。いつか、土地や株が上がれば大丈夫と期待し、対策を打たずに、そのまま不良債権がふくらみ破綻に陥る。それが今の若者にも起こりつつあるのだ。

p.198 ”各種学校、専門学校-「漏れ」を前提とした新たなパイプライン”
近年出現している新しいタイプの各種学校、専門学校は、既存のパイプライン(*学校教育システムのことをイメージ)の代わりや補完にはならない。なぜなら、多くの新しい職種では、初めから漏れ(*脱落、その後フリーター化する若者)を前提としたパイプラインしか作れていないからである。
(中略)例えば、アニメ等の興隆で声優という職業が認知され、「声優になりたい」という人が増えている。そして声優学校が何校もできている。しかし、現実に声優として仕事ができる人は一握りである。 また、フライトアテンダント受験のための専門学校はあるが、そこで実際、航空会社に採用される人は、非常勤も含めて一割にも満たないという。
初めから職業の需要以上の太さのパイプを作り、生徒を集め、大多数を漏れさせていくというシステムになっているのである。
(中略)このような各種学校は、パイプラインから漏れた高卒者、大卒者の一時的避難場所にしかならない。多くの専門学校、各種学校卒業生は、再度、パイプから「漏れる」体験を強いられることになる。

p.212 ”代替案の不在”
例えば、「起業」という選択肢があり、学生時代、または会社をやめて起業して成功した例が報道され、推奨される。しかし、だいたい起業というものは、人脈や資金力、そして当然のことながら、その分野における優れた能力がなければうまく行かない。
若いうちに独立・起業して成功した人は、企業に残っていたとしても出世昇進できる。
(中略)能力はあるのに、性格的にパイプ(学校・会社)が肌に合わなくて、自主的にパイプラインから外れた人間なら、起業で成功することも期待できる。
しかし、そうではなくパイプから漏れてしまった人が起業で成功する見通しは大変低い。

p.231 ”努力が報われない機会の増大”
現在の日本社会は「努力が報われない機会」が増大する社会となってしまった。
(中略)つまり「いままで努力してやったことが無駄になるかもしれない」という状況は、平均的能力をもつもののやる気をなくさせるのだ。
(中略)いま、日本で生じつつある社会変化は、能力のあるものの『やる気』を引き出すかもしれないが、能力がそこそこのものの『やる気』を削ぐという側面がある。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です