Kinectセンサーを手に入れて、デモで遊んでみた

これすごいっす、すごいっす。
注文してた「Xbox 360 Kinect センサー」がとうとう届いて、早速遊んでみました。

http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20101201_410914.html
「Xbox 360 Kinect センサー」は、現在38カ国で販売されており、日本でも11月20日に発売され注目を集めていた。なにより、コントローラーを使用せずに体の動きを検知することでゲームをコントロールでき、より直感的なゲームプレイが楽しめる。

要するに三次元の動きを検出するセンサーコントローラー。本来はXbox360専用のはずなのですが、何故か(意図的に?)Kinectセンサーはその他のハードウェアでも認識できるとの情報があり、おもわず注文。
海の向こうのUSAでは既にPC/Mac OSX/Linux向けのKinect用デバイスドライバが有志で開発され、オープンソースで公開されているとのことで、さっそくOpenKinectというドライバ一式を入手して、デモプログラムで実験してみました。

今回試した環境は、Mac OSX(Mac Mini early 2009, SnowLeopard)。その他にもUbuntu(10.04)でも試していますが、OSXの方がスンナリと動作。
で、以下がデモで遊んでいる様子。縦横以外にも、奥行き(色で変化)も取得できていることがわかります。

うちの作業場がごちゃごちゃきたないのは、ご愛嬌。

その他にも、ブログやYoutubeなどで見つかるデモでこんなものが。

「Kinectセンサーを手に入れて、デモで遊んでみた」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です