創ることと、環境

創作や製作したい人が、作る目的と誰のために作りたいかを純粋に維持するためには、汚し続けてもいい・五月蝿くしても気兼ねが要らない創作環境が必要だと感じるここ最近。

充実した道具と綺麗な環境を与えるのは恵まれてる反面、「すごいもの・賢そうなものを創らなきゃいけない」っていう無意識へのハードルを設けてしまうので逆効果かも。 小汚い町工場くらいがちょうどいい。

作ることにファッション感覚の憧れがある人にはスタイリッシュさが響くんだろうけど、実際作ってるとアホなモノや敢えて失敗する試作を気兼ねなく作れる環境のほうが実りが大きい。

ただでさえ、創る行為には不確実性と闘う重荷があるので、精神的なコストは抑えられたほうがいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です