インターフェース05月号&06月号がアツい件について

5 6 gainer
CQ出版の雑誌『Interface (インターフェース)』の 2008年5月号と6月号をアマゾンでゲット。

 特に5月号はいつもより+1,000円なのだけど、USB制御システムが開発できるFRマイコン基板が付録で付いてくるらしい。
アツい。
 特に最近USBを使ったPC&ネット経由で制御するサービスに興味津々なので、
いま取り組んでいるPICマイコン+USB制御の仕組みと場合と比べてどっちがイカしてるか比べてみよう。アツい。
 近いうちアキバに立ち寄れるときがあれば秋月にでも行って必要なパーツを買い集めておかなきゃ。
なにやら必要な48MHzのオシレータの入手が困難らしい。アツい。
 すっかり約10年間のブランクを取り戻して、脳ミソがハードウェア&ソフトウェアのフュージョン状態でかなりアツい。
作ってみたい仕掛けのアイデアがどんどん出てくる。作りたいアイデアは順次、tracにチケット発行しとこっと。

Book Description
特集 付属FR基板で学ぶUSBシステム開発の基礎-付属FRマイコン基板の使い方、現在のパソコンに必須のUSBインターフェース、
開発ツールのインストールと操作方法、
他/転ばない二足歩行ロボットの製作(後編)-V850マイコン基板を使ってロボットを動かす/注目の技術解説-人を自動追跡する
“旋風機”の製作/付録 FR基板


http://tinyurl.com/42af36
http://tinyurl.com/3m78ez

 なおGainerの本も買った。GW中に買って読破したのだけど、かなり面白い。ゲイナー、ゲイナー。
 既に早速、GainerのI/Oボード+ブレッドボード(合計で1万2千円くらい)も注文済みなので、
到着したらさっそくLEDをピカピカ光らせてみよう。アツい。
 Gainerについてはまた続報しやす。
http://tinyurl.com/3osq2l

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です