遊びができない奴は仕事でも遊べないんジャマイカ

先週一週間の出来事をレビューしてふと気がついた。すっごく当たり前で単純なことなのかもしれないけれど。

自分達がいるこの業界(に限らずかも)って、プライベートレベルでクリエイティブなことができないって人間が、
ビジネスレベルでクリエイティブになるなんて到底無理
なんじゃないかって。

企画アイデアマンしかり、クリエイターしかり、技術者しかり。ある意味、経営者も、か。

「仕事は仕事、プライーベートは…(云々)」なんて言ってる(それがカッコいいと思ってる)奴をよく見かけるが、
公私混同はむしろ歓迎されるべきで「仕事は遊びの延長」と割り切れる人間の方がおもしろいアウトプットを出してくるし、
なにより本人が楽しんでいることがまわりに伝播するので、結果、まわりからの評価が高まるのだと思う。

仕事を「生活するために稼ぐ」手段とするのか、「自分もまわりも楽しい時間を過ごせて、さらにお金までいただける」
時間と考えるかのどちらかで、マラソンのように長いこの先の仕事人生のゴールシーンが決まるんだろうな、なんてぼんやりした言葉がでてきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です