声が出ない、ので大根あめを作った

先週以来、風邪っぽい。しかもなかなか治らず。インフルエンザじゃなさそうなことだけは助かったが…

んで、一緒にお仕事をさせていただいている方々の多くはもう既にご存知だと思うのですが、喉が荒れて声がガラガラ状態。。。

週末の日曜日なんて一番ひどくかった、まったく声が出ず。 何かしゃべりたいことがあって声を出そうとするのだが、「スーハー、ヒーハー」という吐息くらいしか出ない状態。あれから日を追うごとになんとか声自体は出るようになったが。

咳が酷くなる前に喉の荒れを本格的に治そうと思い、十数年ぶりの「大根あめ」を作ってみた。

大根あめを自作

大根あめなんて、子供時代に母親に作ってもらって以来。自分で作ったのは初めて?かも。

以下、作り方。ちなみに、水あめの代わりに痰切り作用のあるハチミツにしました。

http://daidokoro.1thankyou.net/chie/daikoname

大根あめの作り方

1.大根を1cm角くらいのさいころ状に切る。

2.保存容器に切った大根をいれ、水あめをいれる。

(この時点では、水あめが固くてまぜられない)

3.しばらく置くと、大根の水分が出てくるので、かき混ぜる。

4.冷蔵庫に保存する。

材料の目安は大根4分の1本に対して、水あめ2分の1カップくらいです。

一晩置いておくと、大根から水分が出てきて飲めるようになります。

とりあえず2〜3時間置いてからお湯で割って飲むつもり。

近頃は同じく喉にくる症状が多いみたいなので、お困りの方はぜひどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です