「好きなもの」と「得意なもの」にある乖離の克服

人って、自分の「好きなもの」と「得意なもの」にある乖離に悩みながら成長する。

ある年齢の時ふと気がつき視界がパッとひらけたのだけど、我がスタンスとしては、

なぜ好きなのに得意にならないのか、

それは本当はそこまで好きじゃないから。

逆に、なぜ得意なのか、その理由は好きだから。

超シンプルな結論。これで一気に気持ちが軽くなって、やるべきことが見えてきた。

「「好きなもの」と「得意なもの」にある乖離の克服」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です