新型Apple TVを買った

今月、11月11日にとうとう日本でも発売開始したApple TVを買いました。将来、絶対に一般的になると考える「ネットワークTV」を我が家も導入。

なんだミーハーな奴め、と思われるでしょう。はい、あなた正解です。まあ、色々と思うところがあってね。

アップル、新型「Apple TV」を国内発売

アップルは11日、日本の「iTunes Store」における映画コンテンツの提供開始にあわせ、テレビに接続するネットワーク端末「Apple TV」を今週発売すると発表した。価格は8,800円。
(略)
写真共有サービスの閲覧機能も備え、「Flickr」や「MobileMe」上の画像をテレビで閲覧できる。スライドショー再生時は iTunesライブラリの楽曲をBGMにすることも可能で、操作は付属のワイヤレスリモコンもしくは「Remote」アプリをインストールしたiOS端末から行なえる。また、「YouTube」上の動画も再生可能。

今回国内発売するApple TVは、米国で9月末に発売した製品。米国のiTunes Storeでは映画やCMのないテレビ番組を99セントでレンタル配信するサービスを開始している。日本では11日から映画コンテンツの販売およびレンタルを開始し、購入価格は新作が2,500円、旧作および準新作が2,000円。レンタル価格は新作が400円から、旧作300円から(価格はいずれもHD 画質)。

アッフ?ル - Apple TV - HD画質の映画をレンタル。コンテンツをストリーミンク?。他にもいろいろ。

iPhoneもiPadもその他も、目新しいものはすぐに自分で体験しておかなきゃ自分なりの意見も生まれないだろう、というスタンスで、根底には自分がそれを好きだから、仕事の一環だからと理由も当然あるのですが、今回はもうひとつ重要な理由が。

それは、我が家に今年生まれた長男けんたろうには、物心つく頃からこういう次世代=彼らの時代にはスタンダードになるものに自然と触れて育って欲しいから。

Apple TVの発売を聞いて、色んな側面から思うことがあって、特に思うのは「日本国内で作られた海外言語のコンテンツではなく、生の言語で触れて欲しい」ということ。
英語や中国語やヨーロッパ各国の言語を直接見聴きして育つには従来のメディアでは無理、かといって国外に出て現地で生活するというのも現実的ではない。

日本にいても、なるべく多種多様な友達と友人関係を作って多くのカルチャーを身につけて育って欲しいという想いがあって、とはいえ多くの時間は家で過ごすことを考えると、家の中でも多種多様な刺激を受けられる仕組みが欲しい、と。
じゃ、PCやiPadを子供の頃から使えばいいじゃん」という考えもあるけど、それよりもっと子供が馴染みやすい道具はやっぱり「テレビ」だと思ってます。家の真ん中に置いてある「家族のコミュニケーションツール」でもあるし。
ネットワークTVで国境を超えて自由にコンテンツにアクセスすることが当たり前の環境で育ってくれれば、絶対子供にとっても将来の何かの材料になるはずだし、親としてはその得られる情報の全てを鵜呑みにするのではなく取捨選択する方法をサポートしたい、と。

また、自分が子供の頃に当時稀有な「8bitパソコン」というものを与えてもらって育ったおかげで、その後に来るコンピュータ社会から現在のネットワーク社会がどんなにワクワクする時代なのか、その実現が与えるインパクトを理屈じゃなく肌感覚で当然のごとく理解できて育ったことが、感謝し尽くせないことであり自分の将来にどれだけ多大な影響を与えたことかを実感している身としては、自分の子供にもできるかぎり彼らの時代の当たり前になる価値観に早い段階で触れて、自分でその善し悪しを判断できる猶予を手に入れて欲しい、またそれをきっかけに大人になるまでに好奇心の振れ幅を拡げておいて欲しい、と。

とか言いつつも、むしろ自分が「やれ、新作映画だ、アメリカのドラマだ、ネットのコンテンツだ、音楽だ」と楽しんで使ってそうな予感も少々…

ちょっと気になるのは、Apple TVが持ってるポテンシャルに気付いているのか気付いていないのか、テレビなどが一切新型Apple TVの発売について報じないこと。MacBook Airの時はニュースにしてたくせに。
やはり、自分たちの領域が危うくなってしまうものは触れないつもりですな。


「新型Apple TVを買った」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です