デジハリ大学院:ロボットで作る未来〜Arduino講義(前半)レポート

先日告知していたデジタルハリウッド大学大学院の授業「ロボットで作る未来」にて、Arduino体験講義の1回目を終えました。
【告知】デジタルハリウッド大学大学院にてArduino体験の講師を務めます

ほとんどの生徒さんが「電子工作は初体験」とのことでしたが、用意したサンプル3つとも全員が完成できて、中には回路やソースコードを自分なりに改造してる人たちもいて、講師役だった自分も楽しめた1時間30分でした。
次回は来週、Arduinoを使ってサーボモーターを動かす実習に挑戦する予定です。
電子工作やマイコンを勉強してみたいという方はぜひデジタルハリウッドに入学を!(大人も入学できます)

当日の講義資料とサンプルはこちらです。

■講義資料(SlideShare)
http://www.slideshare.net/yanoshin/20130625-arduino

■サンプルソースや回路図・実体配線図などの資料
https://dl.dropboxusercontent.com/u/497312/0625/DHW0625_Resource.zip

■サンプル1:ArduinoでLEDを点滅制御する
http://www.youtube.com/watch?v=SC2ugljveb4

■サンプル2:スイッチによりLEDの点灯/消灯を制御する
http://www.youtube.com/watch?v=ULEufw8Enes

■サンプル3:照度(光)センサによりLEDの点灯/消灯を制御する
http://www.youtube.com/watch?v=OomfnzTR9zw

*ああっ〜、講義風景の写真撮っておけばよかった…

講義資料(SlideShare)

サンプル1の動画:ArduinoでLEDを点滅制御する

サンプル2の動画:スイッチによりLEDの点灯/消灯を制御する

サンプル3の動画:照度(光)センサによりLEDの点灯/消灯を制御する

【告知】デジタルハリウッド大学大学院にてArduino体験の講師を務めます

もう来週の告知になりますが、ご縁がありまして6月25日(火)と7月2日(火)の2回にわたり、デジタルハリウッド大学大学院の授業「ロボットで作る未来」にて電子回路やマイコンボードArduino(アルドゥイーノ)を使った体験講義の講師役を務めさせていただきます。

サイトからの抜粋

デジタルハリウッド大学大学院 プロジェクト科目「ロボットで作る未来」
(担当教員:三淵啓自 教授/香田夏雄 准教授/橋本昌嗣 客員教授:2013年6月18日開講〜全16講義)

VRと現実の接点として、ロボットを、双方向メディアの情報デバイスと定義し、まず、基礎コースとして、コンピューターによる、サーボモーターや、LEDなどの制御の仕組みの基礎を学び、現実空間に何らかの作用を起こせることを体験し、プログラムでの制御方法などを学ぶ。事例では、実際にロボット開発や、商品企画をしている、事業者に来てもらい、実際のロボットを触ってもらいながら、どのようなコンセプトで、商品を開発し、ビジネス化しているかなどを学ぶ。二足歩行型ロボットの制御プログラムを活用し、いろいろな実験を行い。最後には、グループごとに、ロボットを活用した、商品や、サービスの企画をおこなう。

このうち、第2回(6/25)第3回(7/2)にて、いまや近年のハードウェアモノづくりブームの定番となったAVRマイコンボード Arduino(アルドゥイーノ)を使ったマイコン制御の基礎をメインに、センサー入力・LEDやサーボモータを制御するといった電子回路の基礎の授業を担当する予定です。

Arduino-UNO

デジタルハリウッドさんとは過去にもスクールにて
・『MovableType講座』@渋谷校(2008年)
・『Ajax特別講義』@渋谷校(2007年)
・『PHPプログラミング講座』@横浜校(2007年)
で講義を担当させていただきましたが、今回は大学院@駿河台の講義となります。しかもテーマも自分としては子供の頃から慣れ親しんでいる本業(…だと思っている。思いたい。)のハード遊び・モノづくり分野なので楽しみ。

よし、こっそり新サービスの「Crafter」の宣伝も盛り込もう(えっ

*忘れないように会社サイトの方でも告知した。
ブレッソンアンドビズ株式会社サイト:代表 矢野がデジタルハリウッド大学大学院にてArduino体験の講師を務めます

うちの会社、第7期が始まりました

僕が代表をつとめる会社、ブレッソンアンドビズ株式会社は4月が決算月でして、ちょうど先ほど第6期(2013年4月期)が無事に終了いたしました。

? 弊社第6期終了のお知らせ | ブレッソン・アンド・ビズ株式会社
http://bresson.biz/?p=90

第6期もおかげさまでなんとか黒字決算で終わらせることができました。(会計で大きなポカミスなどなければ…うちの弥生会計がそう言ってるから大丈夫。たぶん。)

会社サイトの告知にも書いたのですが、第6期は予想もしない新しいことばかりに取り組む一年となった印象があります。 プロジェクトのほとんどはスマートフォン・タブレットがかならず絡む、場合によってはPCレスなサービスや事業に関わることが多くなったし、何より突如大きな流れができたMAKERSムーブメント(個人的にはバブルやブームは嫌いなのですが)が追い風になり自分もモノづくりやハードウェア開発に関わる機会が多くなってきたり。

ていうか、7期目ですよ、7期目。びっくりしました(えっ)続いてるなあ、って。
第6期目もふくめ貧乏ヒマなしといった感じのここ数年ですが、ピンチを繰り返しているなかでも近頃はあらゆるものごとが確実に追い風となってくれている印象。

今日からの第7期ではまた勢いをつけて、ひとつふたつドカンと面白いことをやってみたいなと思っています。 まだ詳細言えないのがもどかしいけど。

 

 

*追記:近頃やたらと、「何屋なの?」「どうやって稼いでるの?」って聞かれることが多い。自分もよくわからん。ってか、もうしばらくこのままでいいと思い始めた。面白いから。

「ソーシャル達川くん・川藤くん」をリリースしてました

あわわわわ…すっかり告知を忘れていました。てか、3月のことなので既に一ヶ月以上経過しての告知になるんですが…

3月の某日(確か縦書きヘルパーの次の週くらいなので、2013年3月17日くらい)に、文章を広島弁風に変換してくれる高精度広島弁コンバータ「ソーシャル達川くん」をリリースしました

ソーシャル達川くん

 

タイトルでお気づきの方、おそらく古く90年代からイソターネットを嗜んでいる人達だと思うのですが、当時局所的(?)に大人気だった伝説のサービス「バーチャル達川くんのリバイバル版で、Twitter向け・スマホ向けのソーシャル仕様でございます。 (バーチャル達川くんのリンク先は今回復刻したシステム)

サービスを作るきっかけは、なんと、なんと、すごく身近な人が実は当時「バーチャル達川くん」を作ったまさにご本人だったという偶然があり、「復活させたいんですけど…パクらせてください」とお願いしてみたら快く当時のソースコードをご提供いただくことができまして、サービスタイトルもその方の「ソーシャル達川くん」という発言からサクッといただき命名いたしました。

当時のサイトはJavascriptメインによるプログラムだったのですが、今回、まるっとシステムは一から設計しなおしまして、サーバサイドはPHP(CakePHP2.3.1)+データソースにMySQLを使い、クライアントサイドはJavascript(jQuery)をメインとしてサーバとJSONをやり取りするという、いわゆるAjaxバリバリなシステム構成に作り変えました。だいたい2日程度。

しかし、方言コンバータのキモはなんといっても辞書。今回搭載の辞書は、なんと「バーチャル達川くん」のものをベースに、さらにまた作者ご本人の編集が加わった進化版辞書です。ここらあたり、辞書データベースの中を覗くと作者の本気度が伝わり若干ドン引き(おっと)します…

んで、達川くんをリリースした直後、「別の方言も作ってみようかな」と下心が湧いてしまい、達川くんシステムをさらに改良して多言語に展開できるスケーラブルなシステムに作り直してしまいました… その結果、大阪弁コンバータ「ソーシャル川藤くんも誕生。ほぼ同時期にリリースしました。
(リリース後、「川藤さんは福井弁やで」とツッコミを頂いたのですが、ネーミングが気に入ってしまったのでこのままにします。)

リリース直後、各種ネットメディア様にも取り上げていただき記事にもなりました。特にはちま起稿さんはヤバかった、何がヤバいって、アクセス流入数がハンパない(笑) いつものリリース直後のやや賑やかな感じのアクセス数に比べて、突然ドカン!と常時その10倍くらいのアクセスが…(冷や汗) 今回AWSとか使っていないので、サーバ落ちたらどうしようかとヒヤヒヤしながらGoogle Analyticsを眺めておりました。

文章を広島弁にしてTwitterに投稿 「ソーシャル達川君」 – ねとらぼ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1303/18/news073.html

文章を広島弁に変換してツイッターに投稿するサービス『ソーシャル達川君』が登場www : はちま起稿
http://blog.esuteru.com/archives/6986031.html

ソーシャル達川くん、広島弁に変換してツイートしよう – 広島ニュース 食べタインジャー
http://tabetainjya.com/archives/koneta/post_2710/

そんな感じで、ソーシャル達川くん、遊んでみてやってください。

ソーシャル達川くん http://tats.jp/

 

「縦書きヘルパー」をリリースしました

スクリーンショット_2013_03_15_1_37

Twitterの公式WEBが改行表示に対応したとのことで、にわかに僕のタイムライン上でもアスキーアートなどで賑やかになったのですが、その中で日本語の文章を縦書きにしてツイートしてるケースが。

僕も試しに縦書きをツイートしてみたのですが、これ手作業で書くと非常にめんどくさい!というわけで、横書きで文章を記入するとボタンひとつで縦書きに変換してくれるツールを開発してリリースしてみました。

開発時間+DNSなどネットワークの設定作業などで、合計約3時間。仕事しろ、俺。

というわけで、ぜひ使ってみてくださいー

【〜縦書きヘルパー】 http://tategaki.yanoshin.jp/

★簡単な使い方説明

こんな感じで、テキストエリアに文章を入力して「変換」ボタンを押すと、縦書き文章に換えてくれます。

あとは、変換後の文章をコピーしたり、あるいはTweetボタンを用意しましたのでそのままTwitterに投稿する画面へ転送することもできます。

スクリーンショット_2013_03_15_1_38-6
【関連サイト】