そろそろやりたいことやろうかな

「パトラッシュ。僕、もう疲れたよ。」

なーんて、随分ヨワキになってしまってる僕ですが(*)、療養してる間に色々考える時間が手に入り、ちょっとだけ決めたことがあります。
(*)これまでずっとカラダに良くない働き方をしてきたせいかこの季節の変わり目に胃腸の調子を崩してしまい、ほんとヘトヘトになってしもうた…

「そろそろ、やりたいことをやろうよ、やのしん」

なんで俺は体調崩れるまで無理しちゃってたんだろう?って考えたところ、その答えが「人の期待に応えようとしすぎてた」ってことなんだろうな、って。 人の期待に応えようとすることは間違っていないんだよ、今年のおみくじも言ってただろう、「願事:他人を助けよ、人の助けにて叶います。」って。 人生には色々と波があって、たぶん今年はそういう年だったのさ。って、 去年の今頃も同じようなこと言ってら。

自分の人生に約10年周期で起きている「生きることを考えさせられるイベント」(*)にまた直面してしまい、死ぬまでに遣り残したことがあればなんだろうな?って。 出てきたひとつの結果が「おまえ、自分がやりたいと思ったことがあっても、自分の期待に応えていないじゃん」ということ。
(*)6歳時に交通事故、16歳時に自転車でのトレーニング中に事故、そして30歳時に内蔵の異変(まぁ、別段大した結果じゃなかったけど)

「日本人の資産運用文化の底上げがしたい!」 と思い、当時勤めていた会社を辞めてまで独立したにも関わらず、まだゴールもしていなければギブアップもしていないよな?って気が付いた。 当初、まずは「投資ちゃんねる」という投資家同士のSNSを立ち上げようと勢いだけでサービスインしたものの、やはり浅はかな考えだったことに気付き一度は断念したけれども、それがきっかけで気付いたことも多かったんだよね。 今思えば反省点としては、「資産運用」をサポートしたいのに当時流行の株式投資しかドメインとして考え付いていなかったことや、自分自身のファイナンシャルリテラシーの低さとか。

その後、いったん投資ちゃんねるは閉鎖して、自分自身の見識を広げようと方向を切り替えた結果、新しい人々との出会いがあったり、更にそのみなさんとの仕事を通じて投資運用の考え方を広げることができたり、影でこっそりとファイナンシャルプランナーの勉強をしていたり(今だからカミングアウトするけれど^^;)。 「失敗だ」と自覚したからこそ自分の欠点に気付くことができて、それを埋めようとしてきたこれまでの1年ちょっとという時間は結果として結構有益だったなと思えています。

自分の事業を手がける他に会社としては他社様の事業やビジネスのお手伝いをさせてもらって収入を得ているのですが、ほとんど営業活動をしていないにも関わらずみなさんの紹介などのおかげで新規開拓もでき、おかげさまで会社(そのまえは個人事業主)の収益もそこそこになってきております。このご縁はこれからも維持しつつ、そろそろ自分をお客様として支援してあげてもいいんじゃないかと思い始めた次第です。

運がよいのか悪いのか(国民にとっては良くは無いのですが)、僕が「日本人の資産運用文化の底上げがしたい!」 と思ったころから、あまり日本国民の資産運用に対するリテラシーって変化が無いと思っています。 年金記録問題が発生してからギャーギャー騒ぎ始めたり、加熱しすぎた相場に熱中しサブプライムローンショックで傷を負ってみたり。
まだ個人の金融資産がゆうちょ銀行にタンマリと残っていることも自分としては疑問が多かったり、「頭金0でマンションの大家になった」なんて良い話を聞いてよくリスクシミュレーションもせずに不動産投資に手を出したりといったことも個人的には疑問です。

世の中は玉石混合で、例えば経済に関する書籍は数多くあり 中には怪しいものもあれば、逆に本当に良いものも存在しています。 正しい主張を提唱して頑張っている人も多いのですが、そういったことを、(誤解を恐れず敢えて言います)ファイナンス側のプロの人間(敢えて「あちら」側と呼ぼう)がたとえどんな良質な情報を提供しても、我々一般の庶民(そう、「こちら」側)にはその多くを理解できないのです。

難しいことだから一部の人が儲かる、自分たちが儲けるために一般にはわざと解りにくいようにみせて失敗させる、なんていう悪人もプロの中には居るかもしれませんが、「難しいことを誰でもわかりやす伝えることがプロの仕事」と頑張っている正しい「あちら」側の人達も確実にいます。
でもね、残念ながらそれでも理解できるのはそれなりのリテラシーの高い庶民たちだけで(それを庶民は学歴のある、などと表現することが多い)、 多くの庶民は理解しにくいというのが現実だと思う。(*) 僕が本当にやりたかったこととは、その庶民レベルでの理解の底上げの部分だってことに気付いた。 意欲のある庶民を引っ張っていってもらうのは「あちら」側の人たちに任せて、僕は庶民レベルでの興味喚起や「ちょっと考えてみようよ」というきっかけ作りをしたいと思います。(ちょー難しいのは充分承知してるけど…)

(*)例えば、どんなにコンピュータシステムに詳しい人間がシステムの難しいことを噛み砕いて説明しても、ある程度リテラシーの高い庶民にしか理解できないように。

っていっても俺ができることは限られるので、自分の得意分野を絡めつつ地道に頑張っていこうと思ったこの10月でした。

<ちょっとネタバラシ>

「資産運用」っていうと敷居が高く感じるけど、そんな大それたことをやる前にまずは … なんて書いちゃってたのだけど、「ちょっと公開には問題があるんじゃない?」ということなので消しました。興味ある方いれば個人的にご連絡ください?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です