[Eye-Fi]レポート?〜セッティング

前回([Eye-Fi]レポート?〜Eye-Fi Share 購入から到着まで)のつづき。

Ey-Fiの設定をして、実際にオンライン送信ができるまでの流れを説明します。

【準備】

専用のSDカードアダプタに挿してPC(うちの場合はMac)に挿入。

100_1799

?Macの場合は自動的に認識して「Eye-Fi」というアプリケーションが現れます。(Windowsも似たような感じでインストーラが立ち上がるのでは?)

ちなみに、この設定ソフトウェアはこの専用のカードアダプタを使用した場合のみ使えるみたい。一般のSDカードリーダーに挿してみたところ普通のデジカメで使う場合のSDカードみたく認識してました。外出先でいろいろ設定する場合には専用アダプタを忘れずに!

100_1800

?Eye-Fi Managerをインストールします。アプリケーションフォルダにソフトウェアをコピーするだけ(何度も言うがMac OSXの場合)

100_1801

?Eye-Fiマネージャを起動する。最初の起動時には色々とセッティングが必要。まずはEye-Fi Managerの最新アップデートを検査する。

100_1804

?使用する環境のファイアウォール設定が正常化どうかをチェックします。

100_1805

?無線LANネットワークの、電波、受信接続、送信接続をチェックします。

100_1806

?「Eye-Fiカード設定」を行います。まずはアカウントの作成。ログイン時に使用するメールアドレスやパスワード、氏名などを設定。

100_1807

?Eye-Fiカードのファームウェアの最新アップデートを実行します。これは初めての使用時だけ、かな?

100_1808

?ファームウェアのアップデート実行中。

100_1809

?オンライン写真共有サービスを指定します。

Eye-Fiで撮った写真を自動的にアップロードしてくれるので便利。利用できるオンライン写真サービスは、

  • 30days Album
  • EVERNOTE
  • facebook
  • flickr
  • HatenaFotolife
  • mobileme
  • MOVABLE TYPE
  • Picasa
  • TypePad
  • VOX

など。これは今後も拡充してくれると嬉しい。

100_1810

?自分の場合はflickrを選択。

アップロードした際に自動的に設定する権限(Public/Private)を指定し、flickeのAPI認証でアカウントを確認。

100_1811

オンライン写真への自動投稿の他、同じLAN内の時に送信するPCの設定も可能、自分の場合はMacのiPhotoにしときました。

?設定完了

SDカードを抜き取り、デジタルカメラにセット。あとは写真を撮るだけです。

100_1812

【試し撮り】

早速、うちの愛機を撮影してみた。撮影して数秒後、flickrにアップロードされているところを見ると感動。

100_1815.JPG

【関係する過去のエントリー一覧】

「[Eye-Fi]レポート?〜セッティング」への4件のフィードバック

  1. [Eye-Fi]レポート?〜セッティング

    利用できるオンライン写真サービスは、 30days Album EVERNOTE facebook flickr HatenaFotolife mobileme MOVABLE TYPE Picasa TypePad VOX など。… オンライン写真への自動投稿の他、同じLAN内の時に送信するPCの設定も可能、自分の場合はMacのiPhotoにしときました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です