技術のお話

週刊SPA!の特集記事にコメントが載りました。

img_20080826T101346453img_20080810T061217359 img_20080826T101348171

ご報告です。今日から発売されている扶桑社さんの「週刊SPA!」
2008年9月2日号
に小生やのしんのインタビュー記事を掲載していただきました。
『Googleマップの新サービス[ストリートビュー]の波紋』という特集記事のなかで僕がリリースしたサイト
「おもしろGoogleマップ ストリートビュー まとめサイト」を取材していただきました。その他、
特集記事本文にて諸々とコメントさせていただいております。

・扶桑社:WEB SPA!
http://spa.fusosha.co.jp/

 

Googleマップの新サービス[ストリートビュー]の波紋
偶然写り込んだ「路チュー」「ラブホにチェックイン!」etc.も大量アップ!
プライバシーの侵害、犯罪に悪用されるリスクを訴える声が続出中

いきなり全国誌に載せていただけたことに加えて、週刊SPA!は学生時代から数年来の愛読誌なので二重の嬉しさです。
また、特集記事では私の他、ITジャーナリストの佐々木俊尚さん、経済学者の池田信夫さんといった、
いつもブログや書籍を拝読している方々と肩を並べて掲載されてしまっていることに恐縮、 「えらいことしてしもうた」
という感じでございます。光栄。

・佐々木俊尚 公式サイト
http://www.pressa.jp/

・池田信夫 blog
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo

ストリートビューのまとめサイトの方は8月初旬のリリース以降、累計約50万PVになりました。
当初の注目度に比べたら既に落ち着いた感じがしますが、今後も貴重なスポットが発見されたり、
名古屋をはじめ日本の各都市にも範囲を拡げていったときにまた新しいおもしろ情報が増える事は容易に予想ができるので成長を楽しみにしています。
(ぶっちゃけ、管理人はもうほとんど手をかけなくても良い状態になっているのですが。)

・おもしろGoogleマップ ストリートビュー まとめサイト
http://googlesv.dreamhosters.com/? サイトURLが変更になりました
http://googlesv.yanoshin.jp/

最後にひとこと、ガチで嬉しいウィッシュ☆ (扶桑社さん、ありがとウィッシュ☆

不動産・賃貸業界に詳しい人に質問

Googleマップのストリートビュー機能を、新しく不動産や賃貸物件などを探す人のためのサービス(物件検索とか、
販売物件のカタログとか)に付加してあげることって有効だと思いますか?

素人ながらですが、思うに

【利用者(C)側のメリット】
・テキストによる物件情報や二次元の地図では得られない、現場のリアルな様子がわかる
・距離的/物理的に直接現場にいけない人でも現場の雰囲気が事前につかめる
【利用者(C)側のデメリット】
(特に思い浮かばず。ネットに疎い人は敷居が高い、とかかなあ。)

【ビジネス(B)側のメリット】
・より詳細な情報を利用者に提供できる、顧客満足の向上
・自社で3次元コンテンツを制作する必要がない。
【ビジネス(B)側のデメリット】
・これまでテキスト文章などでごまかすことができたのが、3次元でのイメージがすぐに伝わるため商品(物件)
のクオリティが伝わってしまいやすい。(*)
 →これは良し・悪し両方か?
・提供範囲に制限がある(いまはまだ国内も都市の一部のみ、今後拡充したとしても都市がメインだと思う)

こんな感じなのですが。
個人的には(*)の点が大いにネックになるのかなあ、と。良い物件ならこのような情報提供しなくとも売れるだろうし、
悪い物件は問い合わせをする以前に品質がバレてしまうので余計に売れない、とビジネス側の立場になって考えてみる。

ストリートビューまとめサイト その後

ストリートビューまとめサイト プレビューがぞう

8月5日にリリースした「おもしろGoogleマップ ストリートビュー まとめサイト」ですが、本日8月10日の早朝時点で調べたGoogle Analyticsによると累計PV数が253,097ページビューを突破していました。
ありがたや。

これだけ多くの人に見てもらってるんだと意識すると、なんかできるだけ使いやすく・面白い改善をどんどんやってろうという気が起きるもので。

いくつかサイトデザインを更新&プラグイン機能を実装してみました。

————————–
■トップのタイトル画像がつきました。 作者はトミモトリエさん@ヒニクリップ。Special Thanks!!
それに伴い、Pukiwikiのデザインやレイアウトを調整。横幅サイズを変更したり、バナー広告の位置を変えたり、
左側にメニュー一覧を設置したり。

————————–
■まとめサイト内にストリートビューをキャプチャした静止画像を自動的に表示できるようにしました
従来は「URL」文字列をペタっと貼り付けるだけの仕様でしたが、#streetview(URL)というオリジナルプラグインを開発しました。
#streetview()プラグインにGoogleマップのURLを指定すると、

  • googleマップ ストリートビューへのリンクを表示する
  • プレビュー画像(静止画)を自動的にインライン表示する。「この画像をダウンロードする」リンクでローカルに保存する事も可能。
  • 「# ストリートビュー画像をここで見てみる?: 」によって、
    まとめサイト内でもストリートビューの360度画像を表示してグルグルできるようになりました。

*ストリートビューのプレビュー画像の生成には、オンラインWEB画面キャプチャAPIを提供するWebsnapr(http://www.websnapr.com/)を利用しました。

また、パラメータ付きのURLを短くできるTinyURLのAPIをPHPから簡単に使える「PEAR::Services_TinyURL」(http://pear.php.net/package/Services_TinyURL)を使っています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そんな感じっす。 あとは何をしよっかなー

全12回のMovableType講座がおわったなり

3月末からはじまったデジタルハリウッド渋谷校での『MovableType講座』全12回が昨日、終了しました。 昨日、
3月末からはじまったデジタルハリウッド渋谷校での『MovableType講座』全12回が終了しました。
「MTってなに?」って状態だった受講生のみなさんが、
講座が終わる頃にはずいぶんとレベルアップされているが目に見えて講師としてはちょっと安心。
あとは修了後もひきつづき実践で色々なノウハウを学んでいってもらいたいなと思います。

ゆっくりと感想を書きたかったのだけど、相変わらずバッタバタなので後で書く。

おつかれさまでした。
「MTってなに?」って状態だった受講生のみなさんが、
講座が終わる頃にはずいぶんとレベルアップされているが目に見えて講師としてはちょっと安心。
あとは修了後もひきつづき実践で色々なノウハウを学んでいってもらいたいなと思います。

ゆっくりと感想を書きたかったのだけど、相変わらずバッタバタなので後で書く。

おつかれさまでした。

[アイデア公開]MVPenを使ってオンライン赤ペン先生サービス

新規性のあるハードウェアを手に入れて数日、新しいモノを手に入れるといろいろとおもしろい発想がでてくるようで。
mvpen_idea (画像は作成したイメージです)

先日購入した手書き入力インタフェースのMVPen[エムブイペン]をここ数日使っています。
「手書き入力インタフェースの『MVPen(エムブイペン)』を買ってしもうた」
http://blog.bresson.biz/2008/06/mvpen-5b8f.html
「『MVPen』エムブイペン、届いた」
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=825804134&owner_id=67142

これを使ってなにができるかな?と思ったのですが、まずはオンラインで先生が添削してあげて、生徒に指導できるサービス「オンライン赤ペンせんせい」かなあと。

本家赤ペン先生のベネッセはすでにオンラインでの添削サービスを行っているみたいなのだけど、これはいろんな派生ができるのでは?
なにより、ハードウェア(MVPen)が1万円強で購入できるのはコストメリットもあるかと。

[いまんところ思いついたアイデアを列挙]
・赤ペン先生のオンライン版
・子供の宿題お手伝いサービス
・ペン習字をオンラインで指導
・似顔絵添削
・オンライン会議などでのコラボレーションツール

(思いついたらあとで書き足す)